経営のヒント
経営のヒント
作成日:2017/06/12
【経営計画のヒント】 F経営計画の骨子 〜方針〜



 経営計画の「目標」を定めることと並行して定めるものは、「方針」です。

 経営方針や事業方針といったもので、既に決められたものがある会社もあるでしょうが、経営計画を作るにあたって経営計画期間において特に重視する「方針」を定めます。
 「方針」には、「目的」に向かって、「目標」を達成するために、特に重視すべきこと、守るべきこと、あるいはやってはいけないことを定めます。

 例えば、売上目標を達成するためには、どんな手段を取ってもよい訳ではなく、売上目標が達成できても、利益が出ていないのでは元も子もありません。
 また、売上と利益を上げるために、品質をおろそかにしたり、従業員の健康を害しては、長期的には経営の悪化を招くでしょうし、「目的」に定めた姿にはならないでしょう。
 そういうことにならないように、「目標」を立てる際に重視すべきことを明確にするとともに、「目標」を達成するための施策や活動を行う際に重視すべきことを、「方針」として定めて明確にしておきます。

 具体的には、次のような事柄で、自社の「目的」にかなったものを「方針」として定めておきます。
・売買利益率は、〇〇%以上を確保する。売上値引率を増やさない。等。
・製品の品質は今の水準より落とさない。返品率を下げる。等。
・外部仕入の比率を抑え、自社製品の比率を高める。あるいは逆に外部仕入の比率を高める。等。
・材料は国内産にこだわる。地元産の食材にこだわる。等。
・営業時間を延ばさない。残業時間を減らす。等。
・売掛金の回収期間を延ばさない。与信管理を徹底する。等。
・在庫を増やさない。在庫を〇〇円削減する。等。


 「方針」が定まれば、「目的」「目標」「方針」が、うまく噛み合っているか、もう一度見直してみましょう。


 前回までの喫茶店のモデルケースでは、次のとおり「方針」を定めました。
・営業時間は、午後9時までとする。
・材料比率65%を確保する。

 「目的」「目標」「方針」は、次の通りとなりました。

 経営計画の骨子は、今回までです。 次回からは、経営計画の骨子に沿って、どのような施策を経営計画に組み込んでいくかについて書いていきます。


 

経営のヒントG

 



経営計画策定のコンサルティングを行っています➡【問合せ】

役に立つ経営計画はオーダーメイドです。どんなサポートをお求めか「問合せ」てください。




★このページとの関連の深いページ

経営計画の骨子@ 〜目的〜

経営計画の骨子A 〜目標(1)〜

経営計画の骨子B 〜目標(2)〜




★経営計画のヒントの全体構成

自社の分析 経営計画の骨子 重点施策と活動計画 KFSの点検 損益計画 貸借対照表計画 資金繰り計画 全体の整合性確認 推進体制づくり 予算化 予実管理

お問合せ
商号 山形税理士事務所&C
住所 543-0056
      大阪市天王寺区堀越町 9-8
            協進ビル202号
TEL:   06-6770-5901
FAX:   06-6770-5911
e-mail: teru-gata@eagle.ocn.ne.jp
 お問合せ
天王寺,ハルカス,地図,事務所
かかりつけ税理士
風邪かな、と思ったときの
かかりつけ医のような
気軽さとご安心
かかりつけ税理士
楕円球
Rugby World Cup 2019 
ベスト8ありがとう!
楕円球

マイベストプロ
山形税理士事務所&Cが登場
経営計画・補助金など詳しく
TOP 取材記事 コラム
ミツモア登録プロです
ミツモア


山形税理士事務所,ロゴ,ロゴマーク   ロゴについて