経営のヒント
経営のヒント
作成日:2017/05/29
【経営計画のヒント】 D経営計画の骨子 〜目標(1)〜



 経営計画で定めた「目的」を目指し活動した結果として、計画期間に生み出すべき成果や、達成すべき水準、到達すべき地点などを「目標」として定めます。

 具体的には、売上高・売上数量・利益・受注金額などについての目標値で、これらは数値で表すこととなりますが、文章で表現する方が良い「目標」もあります。
新製品Xを開発し上市するとか、〇〇の資格を取得する、△△の認可を受けるとかいった場合です。

 「目標」の設定に当たって重視すべきポイントの一つ目は、必ず、いつまでに達成するかという期限を決めておくことです。
 期限の無い目標は、目標とは言えません。いつまでに、何年までに、その目標を達成すべきなのかで、やるべきこと、すなわち具体的な活動計画が大きく違ってくるからです。
 中期経営計画において、売上高などの数値目標を設定するときは、1年目、2年目、3年目というように、期間を区切って定めるのが良いでしょう。

 重視すべきポイントの二つ目は、頑張れば達成できるという水準に設定することです。
 経営計画の目標数値は年次予算の基礎となる数値となり、現場が日々の目標として使っていくものですから、従業員がやる気の出る目標でなければなりません。
 では、どのような「目標」であれば、頑張れば達成できる水準と言えるのでしょうか? それは例えば、どのように頑張れば達成できるのか、ある程度具体的に説明ができるような「目標」だと言えるでしょう。

 重視すべきポイントの三つ目は、大きな目標(大目標)には、これに合わせて一段階細分化した目標(中目標)を立てておくということです。
 例えば、大目標として、売上高〇〇円という目標を立てるとしたら、中目標として、市場別や製品群別といった事業領域別の売上目標を設定しておくというようなことです。
 大目標としての売上高を達成するのに新規製品や新規市場に期待する売上のウェートが高いなら、既存製品と新規製品別の売上高、あるいは既存市場と新規市場別の売上高を中目標として設定します。

目標設定については、次回にもう少し考えてみましょう。


経営のヒントE

 

 



経営計画策定のコンサルティングを行っています➡【問合せ】

役に立つ経営計画はオーダーメイドです。どんなサポートをお求めか「問合せ」てください。




★このページとの関連の深いページ

経営計画の骨子@ 〜目的〜

経営計画の骨子B 〜目標(2)〜

経営計画の骨子C 〜方針〜




★経営計画のヒントの全体構成

自社の分析 経営計画の骨子 重点施策と活動計画 KFSの点検 損益計画 貸借対照表計画 資金繰り計画 全体の整合性確認 推進体制づくり 予算化 予実管理

お問合せ
商号 山形税理士事務所&C
住所 543-0056
      大阪市天王寺区堀越町 9-8
            協進ビル202号
TEL:   06-6770-5901
FAX:   06-6770-5911
e-mail: teru-gata@eagle.ocn.ne.jp
 お問合せ
天王寺,ハルカス,地図,事務所
かかりつけ税理士
風邪かな、と思ったときの
かかりつけ医のような
気軽さとご安心
かかりつけ税理士
楕円球
Rugby World Cup 2019 
ベスト8ありがとう!
楕円球

マイベストプロ
山形税理士事務所&Cが登場
経営計画・補助金など詳しく
TOP 取材記事 コラム
ミツモア登録プロです
ミツモア


山形税理士事務所,ロゴ,ロゴマーク   ロゴについて